条例のない市でも保険の受取人に

最近、背中が痛い行政書士の田中利英です。
歳でしょうか?マッサージに行きたい今日この頃です。

先日、ゲイカップルの方のパートナーシップ契約公正証書を作成した際、保険のお話が出たのですが保険会社によってパートナーを受取人に変更できるかできないかが違ってくるというお話があり、それって担当者にもよるんじゃないという話をしておりました。

そして、めでたくパートナーの方を受取人に変更できるようになったようです。

おめでとうございます。

もっとも、そのできないといわれる保険会社も渋谷区や世田谷区の証明書があれば可能なようなのですが、それだと条例を制定している区に住所を移していないと変更できないとなってしまいますね。(世田谷区の場合は、公正証書も必要ないわけですし少し変ですね・・・)

しかし、少しずつ今回のような実例を作っていくことで他の保険会社・地域にも広がっていくと思いますので、その先例としても無事に変更できるようになって良かったと思います。

もっとも保険は必要がない方がいいものなので、これからも末永い幸せをお祈りいたします。


LGBTライフサポートセンター
当事務所のLGBT法務サポート専用HPです。
(証明書・宣誓書に関するご相談もこちらでお受けしております。)

東京都行政書士会の機関誌プエンテインタビュー記事が掲載されています。
ご興味のある方はご覧ください。(6~8ページに掲載されています。)

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ

[PR]
by tanaka-gyosei | 2017-06-22 20:22 | つぶやき

幼少期~父親の酒乱・暴力・賭け事に悩み、現在は母親の認知症に悩みもがいているゲイの行政書士ブログです。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30