パートナーシップ契約書

ゲイの行政書士 田中利英です。

昨日は、建設業・測量業者の届け出を
作成してから
夕方から母親とよくして頂いている方と
夕飯を食べてきました。


先日、パートナーシップ契約書を作成された
カップルの方の感想として

なぜ、パートナーシップ契約書を作成したのか?
っという点で法的に守られるものを作りたかった
っとおっしゃていただきました。

遺言書や任意後見契約書などに比べると
その点はやや弱いのですが

医療に関する点では
付き添うこと・医師から説明を受けること
治療方針について決定すること
などについて、最近親に優先する旨を文言として
入れているので、その点では1つの安心感かと思います。

また、今回の公正証書で渋谷区ではないですが
保険の受取人としてパートナーへの変更が可能と
なりました。
保険の担当者さんの力が大きいと思いますが
事例として今後、他の自治体に住まわれている方の
保険でも認められるといいですね。

あとは、婚姻届ではありませんが
公証役場というところで作成してもらった公の
書類ということで責任感や以前よりも近い距離に
なったという声をいただきました。

年齢や資産の状況によって今後、その他の書類も
検討されるかもしれませんが今後とも末永くお幸せに!

LGBTライフサポートセンター
当事務所のLGBT法務サポート専用HPです。
(証明書・宣誓書に関するご相談もこちらでお受けしております。)

東京都行政書士会の機関誌プエンテ
インタビュー記事が掲載されています。
ご興味のある方はご覧ください。6~8ページに掲載されています。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ

[PR]
by tanaka-gyosei | 2017-07-12 15:56 | 公正証書遺言

幼少期~父親の酒乱・暴力・賭け事に悩み、現在は母親の認知症に悩みもがいているゲイの行政書士ブログです。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30